久々に、自らが主催のイベント以外で選曲をやらせて頂く事になりました。
いつかペトロールブルーでレコードをかけれたらなと思っていたのでとても嬉しいです。
肝心の出演者は、偶然にもショウハン・リームakaアイ・アム・ロボット・アンド・プラウド
と同郷のカナダ・トロント出身のシンガー・ソングライター キャリン・エリス。
ポップでバラエティにとんだ楽曲の中に感じるカントリーやフォークなどのルーツミュージック
の香りがとても心地いいアーティストです。
共演は、昨年musicApartmentにも出演して頂いた カンバス。約一年ぶりなので
こちらもとても楽しみ。

控えだけどグッとくる、そんな選曲で参加させて頂きますのでどうぞよろしくお願いします。

_________________________________________

9月22日のキャリンとカンバス
出演:
キャリン・エリス
カンバス
日時:2013年9月22日(日)16時開場17時スタート
料金:予約1,800円/当日2,000円(ともに1ドリンク別途)
会場:petrol blue(福岡市中央区大名1-10-21 大名エイトビル5F)

ご予約・お問い合わせ
petrol blue
TEL 092-714-6786
MAIL petrolblue5@gmail.com
お名前・電話番号・希望公演日・希望枚数をメールにてお知らせください。
当日、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

企画:barthree & afterglow
選曲:石井勇 (wood/water record,Autumnleaf)


karynellis キャリン・エリス
カナダ・トロント出身のシンガー・ソングライター。これまでに三枚のアルバムをリリース。カントリーやフォークなどのルーツミュージックを土台に、オルタナティヴな感性、キュートで深みある歌声、そして良質かつポップなメロディで北米のインディ・リスナーを魅了。2009年に発表した名盤『Even Though The Sky Was Falling』は、長年ロン・セクスミスバンドのドラマーとして活動するドン・カーが共同プロデュースを手掛けた。今回、4年ぶりのアルバムを引っさげて、初来日ツアーの一環として出演。
karynellis.com


カンバス
今や福岡のみならず、全国各地のコアな音楽ファンを虜にするカンバス。ジャパニーズ・シティ・ポップ、AORなどの良質な音楽的要素を現代的に咀嚼しながら、高い演奏力がもたらす心地よいグルーヴとともに親しみやすいメロディ&ハーモニーを奏でる。2012年にはファースト・ミニアルバム『こころでもっと』を発表。ここ数年、精力的にライヴ活動を続ける。彼ら初となるペトロール・ブルーでのライヴパフォーマンスがどんなものになるか、期待が高まる。
canvasweb.net