awamok 2nd album
街が眠ったら、


都会の喧騒から離れ、ささやくように響き合う
それはとても穏やかで優しい音楽


ミックス / アレンジに宮内優里氏を迎え制作された、1st album「ミチノセカイ」から1年半、電子音をふんだんに使用した前作とは対照的に、 ギター・マンドリン・バンジョー・クラリネット・サックス・アコーディオンと言ったアコースティック楽器のみで構成された本作。 木造の建物や酒蔵を利用しレコーディングを行い、ミックス / マスタリンクグエンジニアに稲田 誠 氏 (tana record) を起用する等、アコース ティック楽器の響きやその温かみを重視した作品に仕上がっている。新しく加入した森山 葉月(コーラス・クラリネット・サックス・アコー ディオン) の多彩な演奏と、様々なゲストミュージシャンの演奏が響き合い生み出されるアンサンブルも相まって非常に完成度の高い作 品に仕上がっている。

■参加ゲストミュージシャン

寺脇 あゆ子 (lem) – flute “空耳” “泡と魚の群れは” / 田中 謙 (百景) – drums “マボロシ” “虹の松原へ” / 高倉 知温 (Autumnleaf) – drums ” 裏庭の出来事 ” / 日永田 信一 – guitar keyboard bass ” 裏庭の出来事”

awamok / 街が眠ったら、
発売日:11月23日(水・祝)
価格:2,100円(税込)
品番:DQC-795 (WWR-004)

今朝のパレード
街が眠ったら
裏庭の出来事 (Instrumental)
マボロシ
空耳
泡と魚の群れは
夏の午後には
秋雨のせいだろう
虹の松原へ

全9曲収録

awamokプロフィール >

■試聴

awamok _ 夏の午後には / 街が眠ったら、 by wood/waterrecords

awamok _ マボロシ / 街が眠ったら、 by wood/waterrecords



■街が眠ったら、リリースツアー